マンション投資の時には売り方まで想定しておくべき

お早めに

住宅を売却してしまうということは所有権を失うということなので、一般的には退去することになります。
しかし、任意売却を行なうのであれば、そのまま住宅に住み続けるということも不可能ではないのです。
長い間住んできた住宅を売却したとしても出ていきたくないと考えている場合、任意売却であれば叶う可能性があります。
何故売却した住宅に今までと変わらず住み続けていくことができるのかというと、賃貸として利用するからです。
売却した後に所有者と話し合いを行なうことによって、家賃を払って住み続けることが可能です。
もちろん売却後そのまま引き渡すというパターンがほとんどではありますが、話し合い次第でどうとでもなるのです。
話し合いでそのまま住みたい意志を伝えることで、その条件を飲んで貰える人に売却を行なうという方法もあります。

任意売却を行なった上で今後も住宅に住み続けたいと考えているのであれば、多くの場合親族に協力してもらうケースがあります。
親族間であれば、住宅ローンを支払い続けることが難しくなってしまった経緯や今後の状況などを把握しているケースが多くあるので、今後も住み続けたいと考えているということを伝えやすいのです。
このことから、住宅を売却した後もそのまま住み続けたいと考えているのであれば、親族に協力してもらって任意売却を行なうということが大切です。
住宅を売却したからといっても住めなくなるということではないので、任意売却は多くの人に推奨されている方法なのです。